• ホーム
  • バイアグラとアルコールを一緒に服用するのは避けるべき?

バイアグラとアルコールを一緒に服用するのは避けるべき?

満足をする男性

バイアグラは食事の影響を受けることが知られていますが、同時にアルコールも一緒に体内に取り入れることは避けることが大事です。そもそも殆どの薬ではアルコールと一緒に服用すること避けるように指示されていますが、これはアルコールの影響によって作用が強く出たり、反対に作用が出ないといったことがあるためです。また薬の種類によってはアルコールとの相互作用が確認されているものもあって、そのような薬の場合には一緒に服用することは禁じられています。

バイアグラの場合には、アルコールに対する相互作用は確認されておらず、医学的にみれば同時に体内に取り入れても影響はないものです。しかし、バイアグラを使用することは血管拡張の作用があり、これによって体内に取り入れられたアルコールが回りやすくなって、酔いやすくなる可能性があります。もちろん、これらは一時的な効果ですが、深酔いしてしまうと性行為を行うどころではなくなってバイアグラを飲んだ意味がなくなってしまう可能性があるものです。

それと日頃から飲酒をしている場合には、体質的に効果を得られない場合もあります。多量の飲酒は、肝臓機能を低下させてしまいますし、神経伝達能力が悪くなったり血圧が過度に上がったり下がったりすることもあります。肝機能の低下は代謝能力が弱くなり、いつまでも血中濃度が下がらないリスクを高めますし、神経伝達能力が悪くなれば性的興奮を受けているにも関わらずペニスに対して勃起をさせる信号が届きにくくなります。このため飲酒が原因でEDとなっている場合には、まずは飲酒を改めることが必要です。一方で少量であればバイアグラの効果をより引き出せる可能性もあります。そもそも少量の飲酒であれば、アルコールによる安定作用によってリラックスすることができるものです。実はこのリラックス状態というのがペニスの勃起に大きく影響しており、気分が良い時ほど勃起が起こりやすく、そこへバイアグラを使用することで最大限の効果を発揮させることができます。

ただ、バイアグラとアルコールの関係を考えれば日頃から飲酒をしていないような人が、リラックスできるからといって飲酒をしてまで行うのは好ましい事とはいえません。それにアルコールが体質的に受け付けない人も同様で、無理をしてまで飲酒をすることは返って、バイアグラの効果を得られない結果になりかねないことです。日頃から飲酒をしていてお酒に強いといった場合でも、せっかくバイアグラを服用するのですから飲酒は控えめにするのが良いといえます。