• ホーム
  • バイアグラの価格を他のED治療薬と比較!通販で購入可能?

バイアグラの価格を他のED治療薬と比較!通販で購入可能?

薬を飲む男性

ED治療薬はバイアグラの他にも登場しており、レビトラやシアリスを含めて3大ED治療薬とも呼ばれます。しかし、いずれも日本国内においては処方箋薬となっており国から認められたものしか手に入れることはできません。

バイアグラはもっとも早く登場したED治療薬ということもあって、すでに特許が切れており、このためジェネリックも供給されるようになっています。ジェネリックの供給が開始されたこともあり、本家のバイアグラも値下げをしており、このためED治療薬としては比較的手に入れやすいものですが、それでも1錠あたり1,500円程度します。一方で後発のレビトラは即効性に優れ食事の影響を受けにくくバイアグラよりも持続時間が長いといとされるED治療薬で、バイアグラよりも機能面では優れています。またシアリスの場合には、それまでのED治療薬とは異なって反対に持続時間が長いもので、最長36時間有効成分が体内に留まるというもので、性行為の前に飲むのではなく、あらかじめ飲んでおくタイプのED治療薬です。ただレビトラもシアリスも1錠あたり1,800円程度とバイアグラと比べると割高に価格設定がされています。

ED治療薬を日本で手に入れようとした場合には、クリニックを受診するか個人輸入という形で通信販売で購入する選択肢があります。安全性を考えればクリニックでの処方が一番ですが、薬代だけでなく診察料などもかかるため費用が多く掛かるものです。またED治療薬を出してくれるクリニックも限られていますから、手に入れるまでに時間が掛かるのもデメリットといえます。一方で通販の場合には自宅に居ながらインターネットに接続できていれば、パソコンやスマートフォンから購入することができるものです。費用については先発品の場合にはクリニックと比べて薬代はそれほど変わりませんが、診察料が発生しませんし、送料も込みで売られていることも多いので、そのぶんだけ安くなります。

日本への到着は1週間ほどかかるのですぐにほしいという場合には不向きですが、常備薬として持っておきたいという場合に向いています。また日本では発売されていない海外で生産されているバイアグラなどのジェネリックを購入することができるのも通販の魅力です。国内のジェネリックはせいぜい3分の2程度にしか価格が下がりませんが、海外ジェネリックの場合には半分から10分の1程度にまで価格が下がるので、より費用を抑えてED治療薬を使用したい場合には向いています。